物語の左右同じ形の道の話の続きなどをします

主人公たちは、4人いる中で、メンバー内で、相談して、選び決まったその二人が、何度も、その厳しい状態を、打破して先に進もうとはするのですが、何度もタイミングが合わずに失敗の繰り返しばかりで、なかなか上手くいかずに、世の中まぐれも実力のうちなどの、話も聞いたことがあって状況として、それに近いようなものを、頼るような形でしか、進められないという厳しい状況にあります。自分の感を信じて、進もうとします。時間に対し、制限などが、なく根気さえあれば、諦めずに、繰り返すなど、確かに、自由ではあるのですが、最初の方は、まだやる気があったりもしていたのですが、中盤地点位の時間の経過から、少しづつやる気が、なくなってきてしまっていて、その状態で、完全に、諦めてる分けでもないのだから、とりあえず続けるという形を、とります。その最中に、もしかして進む事諦めて、ほかの方法を、考え、実行に移した方が、良いのではと、思いたくなくても思ってしまう状態にあります